院長コラム

2021/12/13 静岡県獣医臨床研究発表会の「尿糖」内容お問い合わせについて
No. 47

SGLT2阻害剤のイヌ肥満症への効果検討とその適応性について、12月5日(日)開催された静岡県獣医臨床研究発表会で発表を行いました。 当日は活発なご意見をいただき、参加していただいた沢山の先生に感謝申し上げます。 

いただいたご意見は、今後の診療・研究に反映させ、飼主さまや臨床獣医師、そしてヒトの医療のお役になればと考えております。

発表終了中に紹介した、イヌとネコの尿糖についての論文について、もう一度知りたいというお問い合わせがありました。

2018年に発表した論文は、ネットですべて閲覧できるので、よろしければご覧ください。

イヌとネコの尿糖値測定はデジタル尿糖計によって可能である
樋渡 敬介, 土井 公明, 水野 理介, 横須賀 誠

リンクは下記です
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan/21/2/21_102/_article/-char/ja


2021/12/13 2021年11月 静岡県獣医師会 中部症例発表会 共同研究発表
No. 46

ARNIのイヌ慢性心不全への効果検討とその適応性
◯土井 公明1)4)、樋渡 敬介2)4)、水野 理介3)4)
1) どいペットクリニック(藤枝市)、2)御殿場インター動物病院(御殿場市)、3)岡山理科大学

アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)エンレスト®︎は国内において「慢性心不全」 を効能及び効果として2020 年6月に承認された。
ネプリライシン(NEP)とレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)を同時に阻害する新規作用機序を有する。エンレスト®は経口吸収されるとサクビトリルとバルサルタンにモル比1対1に分解される。サクビトリルはネプリライシン(NEP)を阻害することで生理活性を有するナトリウム利尿ペプチド(NP)の作用を増大させ、血管拡張、利尿、尿中ナトリウム排泄、交感神経系抑制、心肥大抑制および線維化抑制等の多様な作用を示す。バルサルタンは、RAASを阻害することにより、アンジオテンシンII によって惹起される血管収縮、体液貯留、交感神経活性を抑制し降圧効果を示す。NEPとRAASの同時阻害では、NEP阻害に伴うRAAS活性化がもう一方のRAAS阻害作用により抑制されるため、NEP阻害による利点を最大限引き出すことができると期待されている。今回我々は、既存薬で症状の維持が困難になった慢性心疾患のイヌにARNIを使用し、その効果を検討したので報告する。

イヌ 犬 アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬  ARNI エンレスト サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物 dog canine angiotensin receptor neprilysin inhibitor ARNI Entresto Sacubitril Valsartan Sodium Hydrate


2021/12/13 2021年12月 静岡県獣医師会 東部症例発表会で発表しました
No. 45

SGLT2阻害剤のイヌ肥満症への効果検討とその適応性

◯樋渡 敬介1)4)、土井 公明2)4)、水野 理介3)4)
1) 御殿場インター動物病院(御殿場市)、2) どいペットクリニック(藤枝市)、3)岡山理科大学、4)Japan Veterinary Microcirculation Research Center (JVMRC)

ナトリウム/グルコース共輸送体2(Sodium/Glucose Cotransporter2: SGLT2)阻害剤は、近位尿細管特異的にグルコースの再吸収を阻害して尿糖排泄量を増加させ、インスリン非依存性に血糖値を低下させる。日本では2014年より使用可能となった新規作用機序の経口糖尿病治療薬である。ヒトの2型糖尿病で使用され始めたSGLT2阻害剤は、経口薬であるメリットに加え、単剤使用で低血糖リスクが少ないことから近年急激に普及している。さらに、糖利尿・ナトリウム利尿から派生した効果により、体重減少や血圧低下作用、心血管腎保護の有効性も明らかになってきた。故に、今後ヒト医療においてSGLT2阻害剤は糖尿病性疾患のみならず、循環器系や肝疾患などの一般内科疾患でも幅広く使用されていくことが確実と考えられる。イヌやネコの糖尿病に対してSGLT2阻害剤の使用を目的とした場合、血糖値モニターが煩雑であることや、その薬用量が未だ明確でないことなどの課題が上げられる。今回の症例報告では、小動物医療で頻繁に遭遇し治療管理困難である、イヌの肥満症に対してSGLT2阻害剤を使用した症例について報告し、小動物医療におけるSGLT2阻害薬の肥満症への適応性を考察する。

イヌ 犬 肥満 糖尿病 心不全 腎不全 高血圧 ナトリウム/グルコース共輸送体2阻害薬  SGLT2阻害剤 フォシーガ ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物 dog canine obesity Diabetes heart failure kidney failure Hypertension Sodium/Glucose Cotransporter2: SGLT2 FORXIGA Dapagliflozin Propylene Glycolate Hydrate


2022年11月
2022年10月
2022年08月
2022年06月
2021年12月
12/13
12/13
12/13

2020年05月
2020年02月
2020年01月
2017年12月
2017年07月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2015年12月
2015年11月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2014年09月
2014年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2007年04月
2004年09月
2001年09月
2000年09月

 


▲Top

〒412-0043 静岡県御殿場市新橋383-1
御殿場インター動物病院
Tel 0550-81-0885
Fax 0550-81-0886