院長コラム

2020/05/02 ダニによる重症熱性血小板減少症候群 SFTSにも十分注意しましょう
No. 44

現在、コロナウイルス対策に社会が注目していますが、ペット(イヌ、ネコ)を飼われている方は、これからの時期、ダニの媒介により発症する、重症熱性血小板減少症候群 SFTSにも十分注意しましょう。 

日本での発症は主に西日本を中心としていますが、野山の多い、御殿場周辺も注意が必要です。感染による症状は、発熱、頭痛、全身倦怠感、下痢や嘔吐等の消化器症状なので、今の時期、コロナウイルスと思い込んでしまう可能性があります。ペットを飼育している飼主さんは、ヒトの病院で診療をしていただくときには、どのような症状の場合でも、ペットの飼育していることをお医者さんに伝えることを勧めます。

日本感染学会 重症熱性血小板減少症候群 SFTS 解説
https://www.kansensho.or.jp/ref/d26.html

厚生労働省 ダニ媒介感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html


2020年05月
5/ 2

2020年02月
2020年01月
2017年12月
2017年07月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2015年12月
2015年11月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2014年09月
2014年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2007年04月
2004年09月
2001年09月
2000年09月

 


▲Top

〒412-0043 静岡県御殿場市新橋383-1
御殿場インター動物病院
Tel 0550-81-0885
Fax 0550-81-0886