院長コラム
home トピックス 当院について ペットホテルと美容 学術・研究発表 メールフォーム リンク
院長コラム一覧

2017年07月

2017年04月
4/24

2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2015年12月
2015年11月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2014年09月
2014年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2007年04月
2004年09月
2001年09月
2000年09月

日本紅斑熱が伊豆半島で確認されました 農作業時などダニに注意しましょう 2017/04/24
日本紅斑熱に伊東の70代男性罹患 マダニ媒介

■沼津アルプス以外で初 伊豆へ広がる恐れ沼津アルプス周辺(山系一帯)でマダニが媒介する日本紅斑熱が集中的に発生し、伊豆半島への拡大が懸念されていた中、昨年11月に伊東市の70代の男性が罹患(りかん)していたことが分かった。伊豆の国市と沼津市では2人が死亡するなど、県内ではこれまでに5人の患者が発生。伊東市の患者は現在、回復しているという。
 県環境衛生科学研究所(静岡市)によれば、伊東市で発生した患者はどこでマダニにかまれたかはっきりしないものの「普段、農作業をしていた人」という。

2017年04月24日 伊豆新聞より抜粋
http://izu-np.co.jp/ito/news/20170424iz0000000019000c.html

日本紅斑熱とは
紅斑熱群リケッチア症は広く世界に分布し、北米大陸にみられるロッキー山紅斑熱、地中海沿岸にみられる地中海紅斑 熱、オーストラリアにみられるクインズランドダニチフスなどが代表的なものである。わが国でも1984 年に患者が初めて報告され、日本紅斑熱とよばれるようになった。本症は紅斑熱群リケッチアの一種 Rickettsia japonica を起因病原体とし、野山に入りマダニに刺咬されることにより感染する。

日本紅斑熱とは - 厚生労働省-戸山研究庁舎HPより抜粋
http://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/448-jsf-intro.html

お問合せ先
〒412-0043 静岡県御殿場市新橋383−1

御殿場インター動物病院
Tel 0550−81−0885
Fax 0550−81−0886